インドネシア語の数字の読み方【1から19まで】

あなたは
日本語で数字を数えるように
インドネシア語で数字を
1から10まで数えることができますか?

おそらく日本人の9割以上の方は
英語なら1から10まで数えることができます。

  1. いち、one(ワン)
  2. に、two(トゥー)
  3. さん、three(スリー)
  4. よん、four(フォー)
  5. ご、five(ファイブ)
  6. ろく、six(シックス)
  7. なな、seven(セブン)
  8. はち、eight(エイト)
  9. きゅう、nine(ナイン)
  10. じゅう、ten(テン)

しかし
インドネシア語の数字の数え方は
日本語の「いち~じゅう」でも
英語の「one(ワン)~ten(テン)」でもありません。

インドネシア語の数字は、バリ島などのインドネシアの日常生活で、たくさん使う場面があります。

インドネシア語を勉強する際
先にインドネシア語の数字を
マスターしておくことをオススメします。

  • インドネシア語の数字の数え方【1から10まで】
  • インドネシア語の数字の数え方【11から19まで】
目次

インドネシア語の数字の数え方【1から10まで】

1から10までのインドネシア語の数字の数え方は、以下のようになります。

  1. satu(サトゥ)
  2. dua(ドゥア)
  3. tiga(ティガ)
  4. empat(ウンパッ)
  5. lima(リマ)
  6. enam(ウナム)
  7. tujuh(トゥジュ)
  8. delapan(ドゥラパン)
  9. sembilan(スンビラン)
  10. sepuluh(スプル)

ちなみにインドネシア語の「0(ぜろ)」は、「nol(ノル)」です。

あわせて読みたい
インドネシア語の「月」の単語一覧【1月から12月までの単語と、1ヶ月から12か月までの単語】 インドネシア語で「月🌒」は、bulan(ブラン)です。 1か月(sebulan)、2ヶ月(duabulan)のような期間をインドネシア語の単語でいうときは「インドネシア語の数字+b...

カウントダウンをするとき、
日本語では「さん!にー!いち!!」、
英語では「スリー!ツー!ワン!!」ですよね。

では、インドネシア語では
どのようなカウントダウンになるのか?

そうです。
「ティガ!ドゥア!サトゥ!!」です。

慣れないので、違和感がありますよね(^^)

インドネシア語の数字、
あと3秒で覚えてください。

3(ティガ)!!
2(ドゥア)!!!
1(サトゥ)!!!!!!

冗談です。(^^)
数字は何度もでてくるので
最初に時間をたくさん使って
覚えるのはもったいないです。

繰り返し触れることで、
勝手に記憶に残ります。

安心して次に進んでください。

インドネシア語の数字の数え方【11から19まで】

11から19までのインドネシア語の数字の数え方は、以下のようになります。

  1. sebelas(スブラス)
  2. dua belas(ドゥア ブラス)
  3. tiga belas(ティガ ブラス)
  4. empat belas(ウンパッ ブラス)
  5. lima belas(リマ ブラス)
  6. enam belas(ウナム ブラス)
  7. tujuh belas(トゥジュ ブラス)
  8. delapan belas(ドゥラパン ブラス)
  9. sembilan belas(スンビラン ブラス)

「うわ。。難しい。
もう無理。インドネシア語無理。」

このように思った方も
中にはいるかもしれません。

でも大丈夫です。

はっきりいって全然難しくありません。
なぜなら、ある一定の法則があるからです。

もう1度みてみてください。

  1. sebelas(ス ブラス)
  2. dua belas(ドゥア ブラス)
  3. tiga belas(ティガ ブラス)
  4. empat belas(ウンパッ ブラス)
  5. lima belas(リマ ブラス)
  6. enam belas(ウナム ブラス)
  7. tujuh belas(トゥジュ ブラス)
  8. delapan belas(ドゥラパン ブラス)
  9. sembilan belas(スンビラン ブラス)

11以外は、インドネシア語の単数字にブラスがついただけです。

つまり、belas(ブラス)さえ覚えてしまえば
12から19までのインドネシア語の数字が
一瞬であなたの頭の中に入ることになります。

インドネシア語の数字の数え方 11(スブラス)

11がsatu belas(サトゥ・ブラス)だったら、とても覚えやすいですよね。

しかし残念ながら、
11はsebelas(スブラス)です。

インドネシア語で数字を数える際、
1(satu)は1(se)に変換されることがあります。

これについても
今は「ふーん。」くらいで
完全に覚える必要はありません。

インドネシア語を勉強する中で
いやでも勝手に脳に叩きこまれ
長期記憶に残ることになります。

インドネシア語の数字を覚えるときは、
1回の学習で時間を多くとるのではなく
定期的に繰り返し触れることが大事です。

復習のタイミングも
すぐに繰り返しするのではなく
忘れた頃に復習するのがコツです。

これは脳の仕組みが関係しているので
インドネシア語の学習に限ったことではありません(^^)

最後に

インドネシア語の数字の数え方について、1から19までご紹介しました。

インドネシアに行った際
インドネシア語の数字は
日常生活でも、ビジネスでも、
様々な所でその姿を現します。

インドネシア語を勉強していくうちに、日本語や英語の数字と同じように、無意識のレベルで頭の中に浮かんでくるようになれば完璧です。(^^)

とりあえずこの記事では

belas(ブラス)

を覚えましょう。

他のインドネシア語の数字は
別の記事でも何度も出てきます。

あわせて読みたい
インドネシア語の「月」の単語一覧【1月から12月までの単語と、1ヶ月から12か月までの単語】 インドネシア語で「月🌒」は、bulan(ブラン)です。 1か月(sebulan)、2ヶ月(duabulan)のような期間をインドネシア語の単語でいうときは「インドネシア語の数字+b...
目次
閉じる