インドネシア語で「おやすみ」はなんて言う?

インドネシア語で「おやすみ」は
Selamat tidurです。

※読み方は「スマラッ ティドゥル」

この「Selamat tidur」は
基本的に寝る直前にのみ使う
インドネシア語の「おやすみ」です。

目次

インドネシア語の「おやすみ」はSelamat tidurだけじゃない

ほとんどのインドネシア語の辞書や
インドネシア語の参考書などでは
「おやすみ=Selamat tidur」
と書いてあります。

もちろん正解です。

しかし、冒頭でも紹介しましたが
この「Selamat tidur」は
基本的に寝る直前にのみ使う
インドネシア語の「おやすみ」の言葉です。

ここで、想像してみてください。
日常会話で「おやすみ」という場面を。




実は、寝る直前以外の方が
「おやすみ」という挨拶を
多くの人が使用しています。

  • 恋人と夜に別れのあいさつをする時
  • 夜遅い時間に友達と別れる際の別れ際

などなど、
夜遅い時間に外で誰かと別れる別れ際に
「おやすみ」「おやすみなさい」
という言葉は多く使用されます。

これは日本だけではなく
インドネシアでも同じです。

その時に使用される
インドネシア語の「おやすみ」は
なんだと思いますか?

日常会話でよく使うインドネシア語の「おやすみ」

 

その答えは
「Selamat malam」です。
日常会話でよく使う
インドネシア語の「おやすみ」は
「Selamat malam」なのです。

「Selamat malam」は
基本的に夜のあいさつとして
「こんばんは」という意味で使用されます。

しかし
別れ際に「Selamat malam」を使用する場合は
「さようなら」や「おやすみ」という意味になるのです。

 

 

目次
閉じる