インドネシア語で「さようなら」はなんて言う?【バイバイがNGな理由も紹介】

sampai jumpa lagi インドネシア語の単語

インドネシア語で
「さようなら」を伝える言い方は
複数あります。

  • Sampai bertemu lagi
  • Sampai jumpa lagi
  • Sampai nanti
  • Selamat jalan
  • Selamat tinggal

その時の状況や場面によって
使い分ける必要があります。

長い間会わない可能性が高い場合の、 インドネシア語の「さようなら」の言い方

長い間会わない可能性が高い場合には、

  • Selamat jalan
  • Selamat tinggal

この2つのインドネシア語で
「さようなら」の言い方が表現できます。

このインドネシア語の「さようなら」は
仕事場や学校などで普段よく会う人との別れ際には使用しません。

例えば仲間が引っ越しをする際
もうこれから会うことができなくなる最後の日に、
この2つのインドネシア語は使用できます。

「Selamat jalan」は
引っ越しをする人を送る人がいう
インドネシア語のさようならです。

Selamat jalan=さようなら(いってらっしゃい)

「Selamat tinggal」は
引っ越しをする人がいう
インドネシア語のさようならです。

Selamat tinggal=さようなら(いってきます)

 

日常会話でよく使うインドネシア語の「さようなら」

長い間会わない可能性が高い場合の、
インドネシア語の「さようなら」は
日常会話ではあまり登場しません。

普段よく使うインドネシア語の「さようなら」は

  • Sampai bertemu lagi
  • Sampai jumpa lagi
  • Sampai nanti

です。

基本的にどの言葉も
同じ意味になるため
どれを使用してもOKです。

インドネシア人に「バイバイ」をいうと、恥ずかしい!?

日本人はさようならのあいさつをする際
「バイバイ」をよく使いますよね。

しかしインドネシア人は
「バイバイ」を基本的に使用しません。

「バイ」だけならよく使用しますが
「バイバイ」は日常会話では
使用しないのです。

なぜかというと
インドネシア人が「バイバイ」を使うときは
赤ちゃんなどに対してのみだからです。

つまり
インドネシア人の大人に対して
「バイバイ」を使用すると
インドネシア人は不自然に感じます。

可能性は低いですが
人によっては
「バカにしてる?」
と思われるかもしれません。

※ほとんどのインドネシア人は
そんなことで日本人に対して
怒ったりすることはありません。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました